人気ブログランキング |

歯科医院開業後日記 -Ugly Duckling Stage-

形見(歯科開業ブログ その211)

こんばんは。『歯科医院開業日記』の、わさびです。

急に寒くなってきましたが
今週は今日でおしまい。
明日から2連休です。

休みの前の日は
いろいろと連休に思いを巡らせますが、
結局、何もできずに終わってしまうような気がします(笑)

毎朝起きて、仕事をして、夜寝ることで
精一杯の毎日です。

あ、お酒も一杯ひっかけてますが・・・(笑)
d0110757_23545787.jpg




さて、
先日テレビで見かけたPVが
とても印象に残り
取り寄せてしまったCDがあります。
このCDを聞いていたら
亡くなった父を思い出してしまいました。

病院で僕はサンダル履きです。
以前の勤め先から履いているものです。

このサンダル
父親が亡くなる前
最後に入院していた病院で履いていたものです。
僕がこのサンダルを履いているのには
僕なりの訳があります。

僕の父親は「木型屋」でした。
「木型」は
たとえば車のエンジンなどを作るときの
鋳型を作るための元になるものを
木で作る仕事です。

僕は長男なので
仕事を継ぐことも一つだったかもしれませんが、
何を思ったか
歯医者になりました。

入学した大学が私立大だったので
授業料などは結構なものだったと思います。

とはいえ、その4分の1程度は
いまだに僕自身が払っていますが・・・(笑)

親戚中どこを探しても
医療関係の仕事に就いているものはなく
この業界について全く素人の
父にしてみれば
息子が歯医者になることは
決して悪い気はしなかったようです。
「歯」は付いても「医者」と言うことのようです。

素人ですから歯医者も儲かるとも思ったんでしょうね(笑)

冗談はともかく
父は自分の息子に治療をされる日を
夢見ていたようです。
しかし、大学卒業後
大学院へ進学した僕は
しばらくは実家から離れた
大学のそばの歯科医院で
アルバイトしていました。

そんな事情もあって、
父の治療をすることはできませんでした。
「そのうち治療してやるよ」という感じで
父もその日を楽しみにしていたことでしょう。

しかし
父は僕が25歳の時に
食道ガンで半年間の闘病の末
亡くなりました。

当時、大学院生だった僕は
自由になる時間は
結構ありましたが
(本当は無いと思うのですが・・・ )
お金もなく、
何かをしてやりたくても
たいしたこともできず
ただ毎日病室を訪ねるくらいでした。

日に日に衰えていく父の姿を見るのが
息子の最後のつとめと
できる限り父に会いに行きました。
一度、外泊で自宅に戻った父を
おぶったことがありましたが、
その軽さに
涙がこぼれそうになったことを覚えています。

毎日のように面会に行っていたものだから
父の最後の時に立ち会うこともできました。

今振り返って考えれば
もう少し父のために何かできただろうにと
思うことしきりです。
子供だったんですね。

なにぶん親を失うというのは
初めての経験でしたから・・・。

なによりも
父が歯医者にした息子の
その姿を見せることができなかったことが
心残りです。

亡くなってしまった人に
会うことはもうできませんし、
何かを伝えることもできません。
それはわかっているのですが、
できることなら
もう一度だけ、父に会わせてほしいと
叶わぬ思いを抱いて
僕は父のサンダルを履いて診療をしています。

夜は父の分も酒を飲んでます(笑)

そんなわけで、これから
中学時代の同級生と
飲みに行って参ります。
by wa_sabi33 | 2007-11-02 23:55 | 思考の迷路
<< ここでも一杯(歯科開業ブログ ... 11月開始(歯科開業ブログ そ... >>



今日がダメでも       明日があるサ!      by わさび
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
記事ランキング
以前の記事
検索
画像一覧
ブログジャンル
最新のトラックバック
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン